岡本麗 野獣死すべし 大藪春彦の原作小説を、59年の映画化に続き村川透監督が再映画化。戦地を渡り歩いた元カメラマンが、野獣の血をたぎらせながら次々と殺人を重ね、管理社会に挑む姿を描く。続きの画像を見る >>