桜井真由美 飼育の部屋 実直が評判の郵便配達員・佐川(小沢和義)は、ひそかにひとり住まいの短大生・鈴木まどか(桜井真由美)を自宅のアパートに拉致監禁する。やがて捕らえた者と捕らわれた者との間には心的相互依存症“ストックホルム症候群”が生じていき…。 およそ1年半にわたる監禁事件を描いたエロティック&ピカレスク・ラブストーリー。題材自体は今や目新しいものではないが、演出を秀作『息もできない長いKISS』の俊英・キム・テグワン監督が手掛けているだけに、男と女の微妙な心理、その変化の過程がすこぶる納得いくように、その一方では実に冷ややかな視線で、巧みに描かれている。スタンガン、紙の卵ケース、メールなど各アイテムのさりげない用い方も効果的。個性派・小沢和義が、狂気と恐怖の威圧感を全身で表すクレイジーな名演を見せてくれる。これが映画初主演のヒロイン桜井真由美も、文字通り体を張った熱演。続きの画像を見る >>