早良めぐみ ゲルマニウムの夜 花村萬月の芥川賞小説を大森立嗣監督が映画化したドラマ。人を殺め、自らが育った修道院に舞い戻った青年・朧。ゲルマニウムラジオから流れる“神の囁き”を聴いた彼は、欲望の赴くままに暴力に身を委ね、修道女と交わり放蕩の限りを尽くすが…。続きの画像を見る >>