駒形美如 ネムリユスリカ 2011年全国劇場公開作品。【シカゴ国際映画祭正式招待作品】【ロッテルダム国際映画祭正式招待作品】【レインダンス映画祭(イギリス)正式招待作品】 レイプによって生まれた娘、言葉を失った母と半身不随の祖父。地を這うような日々を生きる家族の絶望と再生を描いた衝撃の問題作。 全裸で渾身の演技に挑んだのは本作が映画デビューの平野茉莉子。 100本以上のTVドキュメンタリーを手がけ、常に困難を生きる人間と対峙してきた坂口香津美の監督・脚本・撮影。 全編を流れる優しいレクイエムのようなピアノは、小澤征爾や佐渡裕など世界的音楽家が絶賛する15歳の天才ピアニスト小林愛美による演奏。<ストーリー>バレリーナを目指していた女、琴野は、レッスンの帰りにエッチされて身ごもり、夏芽を産んだ。17年後、成長した夏芽は、言葉が話せなくなった母・琴野と、体が不自由な祖父と、河川敷で車上生活をしていた家族は、探偵を雇って琴野をエッチした男を捜し出すという一途の執念に生きていた。そして、ついにセックス犯が見つかる。続きの画像を見る >>