古館ゆき 道頓堀川 宮本輝原作の「川三部作」の完結編である同名小説を、巨匠・深作欣二監督が映画化。ビリヤードを巡って対立する父と子の因縁、絵描きを志す貧しい青年と小料理屋を営む元芸者の恋など、さまざまな人間たちが織りなす愛と憎しみの情念が鮮烈に描かれる。続きの画像を見る >>