工藤千枝 モザイクジャパン 4話 東京の証券会社をリストラされた常末理市(永山絢斗)は帰郷し、両親の勧めで、謎の大手企業(株)GALAXYZへの再就職を果たす。 若き社長・九井良明(高橋一生)が率いる GALAXYZグループは、何と、アダルトビデオを中心に様々な事業を手掛ける新鋭企業だった。 社内の OL たちも実は AV 女優で、就業中もオフィス内やトイレなどいたるところで絡みの撮影が行なわれる始末。 理市はその中でかわいらしい魅力を放つ木内桃子(ハマカワフミエ)が気になりだすが…続きの画像を見る >>