黒田瑚蘭 紅薔薇夫人 団鬼六原作の官能SM小説を、『イズ・エー〔is A〕』の藤原健一監督が坂上香織主演で映画化。終戦2年後、夫の借金のかたに高級娼婦館で働かされることになった母と娘が、ヤクザの手によって残忍で淫靡なSM地獄へと堕ちていく。R-18作品。続きの画像を見る >>