清川虹子 楢山節考 一人生まれれば、一人死に行く…人は、お山参りの日まで限られた“生”を愛おしむ。信州の山深い寒村を舞台に、七十歳を目前にした老女が土地のならわしに従い、息子に背負われて楢山に捨てられに行く──。親を捨てるか、子を捨てられるか。世界が絶賛した「魂」のドラマ。続きの画像を見る >>