寺島しのぶ ヴァイブレータ 雪の夜のコンビニ。31歳の女性ルポライター早川玲が酒を買いに来る。彼女は、いつの頃からか頭の中で聞こえる“声”の存在に悩まされていた。そのせいで、不眠、過食、食べ吐きを繰り返していた。コンビニで一人の男を目に留めた玲は男の後を追う。男は岡部希寿というフリーの長距離トラック運転手。玲は岡部のトラックに乗り込み酒を飲み始める。やがて2人は、アイドリングの振動を感じながら肌を重ねる。夜明けを迎え、一度はトラックを降りた玲が、再び戻ってくる。そして岡部のトラックは、玲を乗せ東京から新潟へ向けて走り出す。
nud_shinobu_terashima_reta006

nud_shinobu_terashima_reta005

nud_shinobu_terashima_reta004

nud_shinobu_terashima_reta003

nud_shinobu_terashima_reta002

nud_shinobu_terashima_reta001






作品はこちらで検索


今日の人気記事ランキング