寺島しのぶ 愛の流刑地 ある朝ひとりの男が逮捕された。情事の果てに女性を絞殺したのだ。男の名は村尾菊治。被害者の名は入江冬香。 菊治はかつて恋愛小説の旗手として注目された作家だったが、今では世間から忘れられた存在だった。 「愛しているから殺した-」-事件を担当する女性検事・織部美雪は、菊治の言葉に困惑しながらも真相を探っていく。 菊治は自分のファンであるという人妻・冬香と出会い、恋に落ちた。愛されることを知らずに生きてきた冬香。 逢瀬のたびに心と躰を烈しく求め合うふたり。そして「首を締めて欲しい」という冬香の求めに応じ、菊治は冬香を殺めてしまう。 「なぜ男は女を殺したのか、そしてなぜ女は死を望んだのか」-織部はこの疑問を抱えたまま裁判の時を迎える。 そして法廷の扉が開かれた。今、愛と死の真相があきらかになる。
nud_shinobu_terashima_ai002

nud_shinobu_terashima_ai001






作品はこちらで検索


今日の人気記事ランキング