鈴木美智子 風に濡れた女 ある昼下がり、アンティークの椅子を乗せたリアカーをおき、港にたたずむ男の目の前を、突然、若い女が自転車に乗ったまま海に突っ込んだ―。 濡れた肢体をおしげもなくさらけ出す野性味溢れる魅力を放つ女は、男に「5000円でいいよ」とつげると、野良犬のように男にまとわりついてくる。この出会いをきっかけにして、過去から逃げるように山小屋で静かに暮らしてきた男は、迫りくる女の欲望にどんどん巻き込まれていくはめに…。
nud_michiko_suzuki_kazenure_003

nud_michiko_suzuki_kazenure_002

nud_michiko_suzuki_kazenure_001






作品はこちらで検索


今日の人気記事ランキング