白都真理 夜汽車 この愛、涙を見るか──血を見るか。 女の運命を夜汽車が運ぶ。男と女の愛が夜汽車に揺れる──。人生という広野を走る夜汽車に人間の愛憎劇を託した激しく切ない愛のドラマ。「鬼龍院花子の生涯」「陽暉楼」「櫂」に続く宮尾登美子文学を映像化した傑作文芸大作。天涯孤独の姉妹ふたり。13歳の露子と乳飲み子の里子が生き別れてから10数年。露子には夜汽車の響きはたとえようもない悲しみを伴う。里子と引き裂かれるように高知をあとにした夜汽車。…あれから幾年、美しく成長した里子との再会の時、里子は高知に向かう夜汽車の中で一人の男と出会う。やがてその男を挟んで姉妹ふたりの激しい愛憎がほとばしる。男に愛されることに命を燃やす姉、男を想うことで心を焦がす妹。その3人を囲むように浮き沈みする芸妓、娼妓、やくざなどの人間葛藤が凄まじく描かれて、宮尾登美子文学映画化作品ならではの劇的醍醐味がスクリーンいっぱいに広がる。キャストは姉・露子に十朱幸代が適役を得て、クライマックスの指を詰める衝撃シーンに挑んでいる。妹・里子に秋吉久美子、その姉妹を愛する男・征彦に萩原健一が扮した魅力のキャスティング。演出は数々の任侠映画の名作を贈り出した山下耕作監督。撮影は木村大作が担当し、クロード・チアリの哀愁に満ちたメロディが美しい映像と重厚な人間ドラマを盛り上げている。
nud_mari_shirato_yo003

nud_mari_shirato_yo002

nud_mari_shirato_yo001






作品はこちらで検索


今日の人気記事ランキング