菊地凛子 ナイト・トーキョー・デイ 築地の市場で働く孤独な女―リュウ(菊地凛子) 身寄りのない彼女は、夜になると冷酷な殺し屋として闇の仕事を請け負う。そんな彼女が出会ったのは、愛する妻を自殺によって失ったばかりのスペイン人、ダビ。彼が営むワイン店で視線が触れ合った瞬間、必然のように恋に落ちるふたり。しかしそれは許されない関係だった。何故ならばリュウにとって、ダビは抹殺すべき標的(ターゲット)だったから…。
nud_rinko_kikuchi_ntd005

nud_rinko_kikuchi_ntd004

nud_rinko_kikuchi_ntd003

nud_rinko_kikuchi_ntd002

nud_rinko_kikuchi_ntd001






作品はこちらで検索


今日の人気記事ランキング