海野けい子 新 極道の妻たち 関西・尼崎。ここに、小さいながらも深く、そして強い絆で結ばれた組織があった。現在、藤波組は二代目の急死により霊代の藤波加奈江が事実上統率していた。この加奈江には、妹の頼子と雅美、直也という二人の子供がいた。頼子の夫は、現在拘留中の若頭・松岡、雅美の夫・宗田は本部長を努めていた。そして直也は、最近組を興して藤竜会の会長となっていた。藤波組はこの血のつながりの濃い男たちによって動かされていたが、二代目に次ぐ若頭の死によって大きく揺れはじめる。神原組の若頭補佐・角谷に隙を与えないように加奈江は幹部たちを集めて、冷静な判断力のある宗田を三代目候補に立てたのだが...。
nud_keiko_unno_shingoku_004

nud_keiko_unno_shingoku_003

nud_keiko_unno_shingoku_002

nud_keiko_unno_shingoku_001






作品はこちらで検索


今日の人気記事ランキング