内田慈 捨てがたき人々 苦しんで、喘いで、それでも生きていく―。鬼才・ジョージ秋山による原作コミックを映画化した、人間の欲と深い業を描く問題作。金も仕事もなく、不細工で怠け者の男・狸穴勇介(大森南朋)。生きる事に飽きてしまった彼の足が最後に向かったのは生まれ故郷の港町だった。この町で両親は幼い勇介を捨て、孤独になったのだ。故郷で勇介を知るものはなく、目つきの悪い彼について誰もが怪訝そうな表情で見ていた…。R18指定作品。
nud_chika_uchida_sute004

nud_chika_uchida_sute003

nud_chika_uchida_sute002

nud_chika_uchida_sute001






作品はこちらで検索


今日の人気記事ランキング