石田ひかり はるか、ノスタルジィ 大林宣彦監督が北海道・小樽を舞台に小説家と少女の、タイトル通りノスタルジックなタッチで描いた恋愛ファンタジー。綾瀬慎介(勝野洋)は小樽を舞台とした少女小説で人気の作家。彼は少年時代を過ごした小樽での痛ましい記憶を胸の奥深く閉じこめていた。しかし慎介の小説の挿絵を描いていた紀宮(ベンガル)の突然の死をきっかけに、再び小樽を訪ねる。そこで慎介は記憶の中の少女・遙子(石田ひかり)にそっくりな、はるか(石田ひかり)という名の少女と出会う。はるかは慎介に不思議な感情を起こさせ、忘却したはずの記憶を呼び覚ました。そんな時、綾瀬の前に佐藤弘という少年が現れる。佐藤弘とは綾瀬の本名であった…。小樽を舞台に、ある中年男が不思議な少女と出会い自分探しの旅をはじめる様子を描いた、山中恒原作の小説を大林宣彦監督が見事に映画化した作品。
nud_hikari_ishida_haruka_003

nud_hikari_ishida_haruka_002

nud_hikari_ishida_haruka_001






作品はこちらで検索


今日の人気記事ランキング